情報

「Chromium版Edge」への自動アップグレード開始

投稿日:

Chrome edge

今年の初めに公開された「Chromium版Edge」ですが、確定申告でe-taxが使えないなどの問題があり、マイクロソフトは日本版の自動でのアップグレードを保留していました。

今回、公開されるとの情報がありましたのでご連絡します。

ちなみにですがe-TAXのページを確認したら5/25からChromeも使用できるようになったとのことです。

なお、アップグレードされたかどうかがわからないという方、アイコンが変わるので一目瞭然です。ご参考まで。

 

下記を読んで記事を書きました。毎回、情報が早いので助かりますね

WindowsUpdateを通じたアップグレード開始のニュース

米Microsoftが一般のWindows 10ユーザーに対して、Windows Updateを通じて「Microsoft Edge」ブラウザをChromium版に置き換えるアップデートの提供を開始した。今年1月の正式版リリース以来、Chromium版Edgeは希望するユーザーがEdgeのサイトからインストーラをダウンロードして手動で導入していた。同社は5月からInsidersプログラムで自動更新のテストを開始、数週間中の一般提供を予告していた。

Edgeブラウザのアップグレードを含むアップデートは、Windows 10のバージョン1803/ 1809/ 1903/ 1909/ 2004向けの「KB4541301」「KB4541302」「KB4559309」など。バージョン1803 (April 2018 Update)は昨年11月にサポートが終了、後継版に自動アップデートする更新プログラムが始まっており、バージョン1803以降のWindows 10へのロールアウトによって、Chromium版Edgeへのアップグレードが現在サポート期間中の全てのWindows 10バージョンに提供される。

Chromium版へのアップデートを通じて、パスワード、お気に入り、スタートメニューのピンやタイル、タスクバーのピン、ショートカット、開いているタブなどは自動的にChromium版に引き継がれ、従来のEdgeはユーザーが触れるUXから隠される。アップデートでChromium版Edgeの削除はサポートしない。

 

 

 

お問合せ

 


各種保守管理契約をご希望のお客様はメールにてお問い合わせください

栃木県小山市パソコン修理お問合せ

-情報

Copyright© 栃木あなたの会社のOA事業部 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.