サポート事例 パソコン修理・データ救出

コニカミノルタbizhub C258シリーズ-WINDOWS10でスキャンエラー

投稿日:2019年2月11日 更新日:

c258コニカミノルタ

 

コニカミノルタbizhub C258シリーズを使用しているお客様からのお問合せです。

WINDOWS10パソコンを導入したけど、複合機屋さんに教わった方法でWindows7の時と同じように共有フォルダを
作ってアクセス権までいれたけど、スキャンがうまくいかない 

通常、複合機は複合機屋さんにお願いしてください という対応になるのですが、今回は御贔屓にして下さる方からのご紹介ですので、しっかり料金は頂きますが、それでも良ければ伺います!
という条件で作業にうかがいました。

だいたいの複合機のスキャンはSMBの設定になると思うので、Windows10だとSMB1は
ダメだからうまくいかないんパターンじゃなかろうか?と 大まかな予想をたてつつ・・・
(のちにサポートさんに話を聞くとビンゴでした。ソースはこちら

 

一通り見直すも間違ってはいないようなので、サポートセンターに電話してもらって、電話越しでコニカミノルタのサポートさんのアドバイスを頂きました。

このシリーズには複合機内のメモリに保存する「ボックス設定」というものがあり、パソコンにスキャンしたデータを送らない方法で回避してもらうしかないということでした。

 

お客様の同意を頂きまして作業開始です

1)複合機の設定はマニュアルでご確認ください。
  複合機はプロではないので嘘を書きたくないので割愛します。
  (設定の保存期間は30日でよいとのこと)

2)設定が完了したら、複合機からスキャンをテストします。
 

3)パソコン側で複合機のIPアドレスで検索すると、上で作ったボックスのフォルダが表示されます。
  これをデスクトップにショートカットしておいておき、スキャンしたら複合機のボックスの中を確認し、大切なものは自分のパソコンに保存する という 手順になります。
  ※30日たつとボックスから自動で消去されるので忘れないようにしてください

以上

※本複合機でエラーが出てしまう方、ご参考になさってください
 ボックス設定のやり方がわからなければ、サポートさんがしっかり教えてくださいますので安心です

この記事が参考になりましたら、下記の「いいね」クリックにご協力ください

お問合せ

 


各種保守管理契約をご希望のお客様はメールにてお問い合わせください

栃木県小山市パソコン修理お問合せ

-サポート事例, パソコン修理・データ救出

Copyright© あなたの会社のOA事業部 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.